星空のメモリア 応援中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アールジュネス 新作版画展


こんにちは、囃子です。
久しぶりの更新になります。
前回の更新から約1ヶ月。ブログを始めて、初めて定期的に更新している人は凄いなと感じました。
その1ヶ月の間にしていたことを書こうと思いましたが、それはまた次の機会に。


090328_122021_ed.jpg


さて、西又葵先生、そして鈴平ひろ先生の新作版画展に行ってきました。
お願いして入場口前に置いてあった看板を写メで撮影させてもらいました。
屋外にも置いてあったのですが、通行人がいっぱいだったのでシャイな私は撮影なんぞ出来ませんでした…。
勿論会場内での撮影は禁止なので、画像は一切ありません。妄想でどうぞ。

待ち合せをしていた友人と一緒に受付を済ませ、いざ入場。

今回で二度目ですが、前回と内装は殆ど変わっていませんでしたが、20作品ほどあった作品の殆どが初めて拝見するものばかりでした。
やはり西又氏の方は「俺たちに翼はない」メインでした。

私はあまり版画について詳しくないのですが、店員の方が丁寧に説明してくれました。ありがとうございます。
1枚の絵にとっても、知識があるのと無いとでは、感じ方が大分変わりました。
何も知らなかった私はただ全体を眺めていただけなのですが、少しでも教わると、細かいところまで見るようになりますね。
決して中が見えちゃいそうなスカートを見ていたわけじゃないですよ。絶対。

そんなこんなで友人や店員との会話も弾み、気が付いたら自分たちが最後になっていました。もしかしたら五月蝿く感じた方がいたかもしれません。以後気をつけます。

全て見終わった頃には入場から約2時間ほど経っていました。前回と比べて1時間は長くなっている…。
ではそろそろ帰ろうという話になり、友人と一緒に受付へ。


090329_164039_ed_ed.jpg


帰る際に受付でグッズを販売していたので、「俺たちに翼はない」クリアポスターだけ購入しました。
他にも幾つかあったのですが、この時お金をあまり持っていなかったので買うことが出来ず…。
後悔しながらそのままお礼をし、会場を後にしました。

ここで少し。私は版画の購入については「まだ」何も考えていません。
何故かというと、20~50万近くもするお値段の方もそうですが、それよりも、先程にも書いたとおり、私はその世界について詳しくないからです。
ですが、今回で非常に興味が湧いたので「百聞は一見にしかず」という言葉のように、これから積極的にこういった展示会に足を運び勉強していきたいと思います。
なので、出来ることなら是非とも版画展を続けて頂きたいです。



さて、友人とそのままアニメイトへ行き新刊を購入。
またまた購入物を晒してみます。

090329_164527_ed.jpg


はい、オタクということは私が一番理解しています。
右下にあるこのライトノベル「C3-シーキューブ」は私のお気に入りでもあります。また時間があればレビューを書いてみたいと思います。


長々と書いてしまいましたが、この辺で終わりにしたいと思います。
最後まで読んで頂きありがとうございました。


実話:「さんさんホール」という文字が鏡に映り、「○ん○んホール」に見えて思わず吹いたという。

スポンサーサイト

電撃萌王4月号 購入

090227_184738_ed.jpg

こんにちは。26日、27日とあんなゲームやこんなゲームがたくさん発売されたわけですが、やりすぎには気をつけてください。かと言って積まないようにしましょう。

どうも、囃子です。なんなんでしょうねこの意味の分からない出出し。いつの間にか書いてましたよ。

…さて、電撃萌王4月号購入しました。
リニューアルということで、今まで白基調の表紙だったのがだいぶ変わりましたね。



090227_191551_ed.jpg

そしてこちらが特別付録の七尾奈留先生書き下ろし萌々ちゃん悩殺抱き枕カバーです。
悩殺…まさにその通りじゃないですか?特にこのおっp(略)
この画像ではよく分からないと思うんですが…輪郭が見えちゃってます。何の輪郭かはお察し。
おそらくどのお店も売切れ必至だと思うので、悩んでいる方はお早めに。
私も後日もう1冊買いにいきます。勿論目当てはおっ(略)




090227_193520_ed_ed.jpg

そしてこちらは一緒に購入したもの。
アニメイトさんやゲーマーズさんだとミニ色紙などの特典があるので嬉しいですね。
むしろ特典のために高い交通費を払ってるようなもんです。

イベントやこういったお店がたくさんある秋葉原に通える人達が羨ましい…とは思うんですが、もし自分がそこへ気軽に通える距離に住んだとしたら、財布の中身が大変なことに(笑)
案外こういった交通費を払うような距離が、1番財布には優しいんじゃないでしょうか。

それではこの辺で、アリーヴェデルチ。

ロウきゅーぶ!感想

a000002.jpg

こんにちは、囃子です。

まず最初に、画像のタイトルをずっと見つめてください。

ロリきゅーぶに見えてきた貴方は軽度のロリコンです。
最初からロリに見えていた貴方は重度のロリコンです。残念ながら助かりません、私も仲間なので心配しないでください。

さて、正直この本を買ったきっかけは、てぃんくる先生の絵目的だったりしたわけなんですが…
これがまた、一気に読み終えてしまうほど中身もかなり良かったです。

まずタイトルから分かるように、「ロウきゅーぶ」を漢字で書くと篭球部。
つまり、バスケットボール部のお話です。

スポーツ推薦で高校へ進学した主人公の長谷川昴は、憧れの選手がいるバスケ部へ入部。しかし、とある事情によって1年間の活動停止となってしまう。 
打ち込むものを失い腐っていた昴に、叔母である美星に半ば強制的に頼まれ、小学校の女子バスケ部の臨時コーチをすることに。
いっそバスケをやめてしまおうかと思っていた昴が、彼女達と出会って少しずつ情熱を取り戻していく。という展開です。

序盤こそ萌えな展開かと思ったんですが、昴がコーチを頼まれた理由、そして彼女たちのバスケにかける想いを知ってからは、萌えではなくまさに燃え展開でした。

個性を生かし、それぞれの武器を磨いた彼女たちが、最初にして最大の挑戦。
素人同然だったチームが圧倒的実力差の相手チームとどうやって戦うのか。そして、昴の考えた作戦とは。試合ではページ数は割りと少なめですが、常にドキドキしてしまうほどとにかく熱かったです。


そんなわけで、表紙と内容のギャップに良い意味で裏切られた一冊でした。
表紙や挿絵も明らかに狙っているような絵なんですが、それさえ気にしなければただバスケが好きという人も、そうでない人も楽しく読めると思います。

最近こういったスポ根ものは読んでなかったので、とても晴れ晴れした気分になれました。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。